韓国ドラマ、韓国映画、気になる俳優・女優さんのことなど・・・
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
『宮』
a420060417_23366446.jpeg

【出演】
ユン・ウネ、 チュ・ジフン、 キム・ジョンフン、ソン・ジホ
【あらすじ】
皇太子シンは皇帝の病いが悪化すると皇太后からあらかじめ決めておいたパートナーと結婚しなさいとの命を受ける。皇太子の人生に個人の選択がないということをよく知っているシン。
しかし彼ももう19だ。彼女のミン・ヒョリンにプロポーズする皇太子シン。しかし冗談でOKしたヒョリンは笑いながら国際バレエコンクール演習のために旅立ってしまう。
シンは何もせず旅立つヒョリンの背中を見つめ薄っすらほほ笑みだけを浮かべて… そして、シンは皇太子妃が誰だろうと構わないと結婚を承諾する。

【そらの感想】
このドラマ「現在の大韓民国が立憲君主制だったら・・・」って設定なんだけど。
いやぁ~どっぷりハマりました
ストーリーもさることながら、キャストの衣装、宮中の装飾品etc・・・が素晴らしかったよ~
新人の俳優さんを起用したことで、ギャラを抑えてセットにお金をかけたのは大正解だったね。

視聴率30%の壁を越えることはできなかったけど面白いドラマだったよ。
元々は漫画が原作でそれがドラマ化されたんだけど、キャストが決まった時そりゃぁ~ブーイングの嵐だったらしいね
漫画のキャラと違いすぎるって
1145241636_1.jpeg

(でもあのキャラと同じ人がいたらまた逆に不気味だよね)
でも読者の気持ちも分かる気がするぅ。
やっぱ漫画でのキャラのイメージが染み付いちゃっているからドラマ化となると「シングンはこの俳優さんがいい!」とかって結構、自分で勝手にキャスティングしちゃうもんね。

でもいざ放送が始まったら、そんな逆風どこ吹く風で回を追うごとに賞賛に変わっていったよね
ホント、シングン&チェギョンの皇太子ご夫妻、ユルグン、ヒョリンもピッタリだったもん

特にユン・ウネちゃん。最初はヒョリン役候補だったらしけど、絶対チェギョンだよね。どこから見てもチェギョンだもん。
ホント、くるくる変わる表情がカワイイかったぁ~
(後半、泣きの演技が多かったので溌剌チェギョンが見れなくて少し残念だったけど。)

そして忘れちゃいけないのが、シングンことチュ・ジフンくん。
モデル出身の彼。モデル業界ではトップクラスだったみたいだけど、演技の世界では駆け出しの新人。
最初はガチガチの演技だったけど、回を重ねていくことにみるみるシングンになっていったよね。ホント彼の成長はスゴカッタよぉ
ドラマの方は最初にも書いたけど、視聴率30%の壁を越えることはできなかったけど、すごい好調で20話から24話へと急遽延長ほど。

その4話が急遽追加されたせいでもあるけど、20話でヒョリンが降板したり少し中だるみしてしまったのが、ちょっと残念だったかな。
けど全体を通してみれば、やっぱり面白かったよね。

このドラマってシングン&チェギョンの恋愛ドラマだから2人のシーンを見てるときが一番好きだったなぁ。
後半なんて、世間でも噂になったほどシングンとチェギョンは「本当に演技?」ってくらい親密だったっていうか恋愛モード全開だったよね。(見てるこっちが照れてしまうくらい

最終回も無事?に終わり、一旦『宮』は終わったんだけどパート2の製作・放送もすでに決定しているし、まだまだ『宮』ブームは続きそうだね

『宮』公式サイト
スポンサーサイト
© *韓ドラ日和*. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。