韓国ドラマ、韓国映画、気になる俳優・女優さんのことなど・・・
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
『ごめん、愛してる』
ごめん、愛してる DVD-BOX 完全版 ごめん、愛してる DVD-BOX 完全版
ソ・ジソブ (2006/08/02)
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ

この商品の詳細を見る

【出演】
ソ・ジソプ、イム・スジョン、ジョン・ギョンホ
【あらすじ】
幼い頃オーストラリアへ養子に出されるものの、養父母にも捨てられ、ストリート・チルドレンとして野生児のように育ったチャ・ムヒョク(ソ・ジソプ)。初恋の人の命を救ったときに撃たれて銃弾は、彼の勲章になっている。だが、彼を支えてくれていた初恋の人は、メルボルンの彼女のもとを離れ、彼を捨てた非情な祖国へ帰れと言い放つ。そして韓国に戻ったムヒョクは彼の出生にまつわる事実を知ることになる。そこから運命的な復讐劇が始まる。

【そらの感想】
こんなに苦しくて心を揺さぶられたドラマは初めてだった。

それまでもソ・ジソプssiの出演するドラマはいくつか見てきたけれど、これ程キャラと同化した作品は初めてだっと思う。

「チャ・ムヒョク=ソ・ジソプ」

ドラマを見ている感覚ではなくてTVのブラウン管を通して、チャ・ムヒョクという一人の人間の母への復讐、飢えていた愛情、ウンチェへの愛そして迎える死を見ていたような感じだったよ

またウンチェ役のイム・スジョンssiもやっぱりウンチェにしか見えなかった。ムヒョクの愛する人でもあるけど、そらにはムヒョクのもう一人の母親のようにに見えたよ。ウンチェの愛情って愛する人への愛っていうより、母親の子供に対する愛情って感じなんだよね。
だからムヒョクもウンチェに惹かれていったのかなぁ~なんて。

未だに「雪の華」のイントロが流れてくるだけで泣きそうになるし、まだこのドラマを越える作品には出逢えていないっていうのが正直なところ・・・

衝撃的なラストは是非両論だったけど、そらはあれで良かったと思う。

この夏『ごめん、愛してる』DVD-BOXが発売になるし、願わくばぜひ地上波放送を見た方もノーカット版のDVDをもう一度見て欲しいと思う。

『ごめん、愛してる』公式サイト

632761225812220005_632761225811906787_tmpImg0000592511.jpg

スポンサーサイト
© *韓ドラ日和*. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。