韓国ドラマ、韓国映画、気になる俳優・女優さんのことなど・・・
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
『サンドゥ、学校へ行こう』
サンドゥ、学校へ行こう! DVD-BOX 1 サンドゥ、学校へ行こう! DVD-BOX 1
ピ(RAIN) (2005/05/27)
ハピネット・ピクチャーズ

この商品の詳細を見る

【出演】
チョン・ジフン(ピ)、コン・ヒョジン、イ・ドンゴン、ホン・スヒョン
【あらすじ】
2003年、ソウルの一角に暮らす27歳の男、チャ・サンドゥ(ピ)は未婚の父で7歳の娘がいる。職業は若いツバメ、有閑マダムを誘惑して金をだましとることを仕事としているが、1年の3分の2を病院で過ごす娘の治療費に注ぎ込んでいるため、ビンボー暮らしを強いられている。
彼は幼いころ、交通事故で両親と死別して叔父のもとで育つが、10歳で子供のいない金持ちの養子になる。やりたい事は何でもできる、本当に夢のような時代を送るもののそれも8年で終止符を打つ。高校生になった彼は恋する女の子のために人を殴って脳死状態(後に回復する)に陥れてしまう。この事件で高校を中退、少年院へ送られる。さらに、養子の縁まで切られてしまう。


【そらの感想】
「う~ん、こういう終わり方だったのか・・・」というのが率直な感想。

前半はかなりコミカルで面白かったのですが、後半にさしかかり前半の感じは全くどこかへ飛んでいってしまい、切ないドラマになっていきました。

噂には聞いていましたがチョン・ジフンC(ピ)、サンドゥそのものでしたね。この後の出演のドラマ、「フルハウス」よりかなり演技良かったと思います。
あれだけ難しい役を見事に演じていたと思います。
時にはツバメ、時には病気の子供の父親と。。。
特にポリとサンドゥの病室でのシーン、一緒に遊んだり、泣いたり、抱きしめたり・・・本当の父親のようでした。

それからコン・ヒョジンCにイ・ドンゴンC。
この2人も本当に上手くて、チョン・ジフンC同様、見ていて何度涙したことか・・・
特にイ・ドンゴンC、今までみた作品の中で一番好きな役かも。

・・・で感想ですが、ここから先は少しネタバレ(ラストについて)が入りますので見たくない方はスルーしてくださいね。
(ネタバレを書かないと感想が書けないので
つづきを表示
スポンサーサイト
© *韓ドラ日和*. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。