韓国ドラマ、韓国映画、気になる俳優・女優さんのことなど・・・
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
『星を射る』
星を射る DVDBOX 星を射る DVDBOX
チョ・インソン (2006/02/03)
メディアファクトリー

この商品の詳細を見る

【出演】
チョ・インソン、チョン・ドヨン、イ・ソジン
【あらすじ】
ソラは30になるのに、無職だし、だらしないので、兄のパダにいつも心配かけている。ソラは、パダと一緒に芸能人イェリンのマネージャーをしているドフンとの結婚を夢見ているだけ。ある日ドフンやパダ、イェリンと一緒に釜山映画祭に同行することになったソラ。旅行気分で浮かれていて、ホテルでボヤ騒ぎを起こしてしまった。ボヤで燃えてしまったイェリンの台本を、ホテルのベルボーイ、ソンテが諳んじていた。ソンテのおかげで危機を脱したパダたち。ソンテに感謝するパダは、なんでも力になると約束する。ソンテは識字障害があるのだが、記憶力がバツグンで俳優を目指していたのだった。


【そらの感想】
「ソラ&ソンテ」コンビ、最高でした
こういう爽やかカップル好きですね。

最後の2話でバタバタとまとめた!って終わり方でした。

ソンテの探していた里親のことが分かったりその義理の兄がドフンだったり、難読症があっさりとマスコミにバレたり(というかドフンが宣伝に利用したんだけどね)
「えっ!?」と展開が速くてついていけない部分もあったけど、終わってみるとドフンは今までの悪事をイェリンに暴露されて逮捕。

イェリンも病院に置手紙をしてソンテ達の前から姿を消してしまったし。
しかし「?」と思うのはいきなりシーンが変わったと思ったらイェリン、睡眠薬を飲んで意識を失ってるし。
かと思ったらすぐタイミングでパダオッパはイェリンの部屋へ来て抱えて病院へつれて行くし。
睡眠薬を飲むまでに何かあったのかな?
(このころ最高に眠くてウツラウツラしながら見てたから、どこか抜けてるのかも)

話全然飛んじゃうけど、今回初めて「チョ・インソンC、いいんじゃない!?」って思いましたよ
今までがかなり異色な役が多かったので「チョ・インソンCってどうなの」って思っていたんですけどね。

このソンテ役は良かったですねぇ
爽やかな笑顔で「ヌナ~!」ってソラを呼ぶところとか可愛いかったです
あと後ろからソラをぎゅって抱きしめたりするシーンとか

チョ・インソンC、ちょっと苦手という方はこのドラマから入ることをお薦めしますね!

それからイ・ソジンC。「茶母」の時は本当にお優しいナウリィだったのにこのドラマでは最後の最後まで嫌な奴でした。

残り2話でソンテが生き別れていた弟だと分かった途端、優しい兄に戻ったのかと思ったら、その逆でその事をまた利用しようと「ワンニャァ~ワンニャァ~」って猫なで声出してベタベタ

あぁぁ~イヤ さすがのそらも鳥肌が立ちましたよ!

ストーリーの方は前半は面白かったんだけど中盤から後半、イェリンとドフンのソンテ潰しがね、なんかしつこくてホントに見てて嫌だったんですよね。
それを除けばなかなか面白かった方だと思います。

このドラマはストーリーが印象に残るというより、ソンテの笑顔とソラの笑顔とミリョンの豪快さ(姉御肌)が印象に残るドラマだったかな。
あと見てて元気になるドラマだったです!


『星を射る』TBS公式サイト(日本)

チョ・インソン関連の商品

チョン・ドヨン関連の商品
スポンサーサイト
© *韓ドラ日和*. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。