FC2ブログ
韓国ドラマ、韓国映画、気になる俳優・女優さんのことなど・・・
page top
『白雪姫』
白雪姫 DVD-BOX 白雪姫 DVD-BOX
キム・ジョンファ (2006/07/28)
ビデオメーカー

この商品の詳細を見る

【出演】
キム・ジョンファ、ヨン・ジョンフン、イ・ワン
【あらすじ】
女子高時代‘アジアの魔女ベク・オクジャ’に劣らない‘江原道の魔女’と呼ばれた砲丸投げ少女マ・ヨンヒ。力が強く、丈夫で逞しく、そして美しくない彼女。そんな彼女の恋の行方。。。

【そらの感想】
噂には聞いていたがホントに面白いドラマだった

最初ヨンヒ(キム・ジョンファ)を見たとき「アラレちゃん?」と思うほどの大きな眼鏡にあの奇抜な衣装で驚かされてしまったよ。
(何も知らずに上のDVD-BOXのジャケットの第一印象で買ってしまった人は「えぇ~騙されたぁ」って最初思うよね、きっと。)
016b.jpeg

だけど、やっぱり元がいいから後半メガネをコンタクトに変えて、髪をストレートにしたら当然だけど超美人に大変身。

まぁ、それは置いといて。
やはりこのドラマの一番の見どころといったら、ヨンヒをめぐるジヌ(ヨン・ジョンフン)とソヌ(イ・ワン)の争いでしょう
一人は天然、一人は子供。

まずジヌ。最初はヨンヒを無二の親友とでしか見てなかったけれど、いつの間にか女性として意識するようになるんだよね。
でも気持ちに気付いた時、ヨンヒはソヌの事が好きになっていたから結局最後は弟のソヌに譲っちゃうんだよね~。

ジョンフンssiといえば『悲しい恋歌』でのソン・スンホンの代役の人っていう印象でしかなかったんだけど、『ローズマリー』『白雪姫』を見て急速に高感度アップしちゃったよ。
またいい人役が似合うんだな、これが

そしてイ・ワンくん。『天国の階段』がデビュー作で、キム・テヒssiの弟ということは有名な話。でも『天階』の時は正直ピンとこなかったんだよねぇ~。(役も地味目だったし・・・)

でもでもこの『白雪姫』でドド~ンときたね
まずかなり演技がウマくなっていた。
あとは我がままな子供だったソヌがヨンヒを好きになって、年上のヨンヒにつり合うようにと頑張るところなんか見てて可愛かった
年下の彼氏いいかもぉ~って思ってしまった。

ドラマの方はモチロン最終回はハッピーエンド
ホント、王道ラブコメ!って感じでかなりオススメ!

『白雪姫』公式サイト


スポンサーサイト
page top
『12月の熱帯夜』
12月の熱帯夜 DVD-BOX 2 12月の熱帯夜 DVD-BOX 2
オム・ジョンファ (2005/12/22)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る

【出演】
オム・ジョンファ、キム・ナムジン、シン・ソンウ
【あらすじ】
病気の父親の薬代と義兄の示談金を稼ぐために、学校を休学し、必死に働く27歳の一人の男。自分を捨て、金持ちの医者と結婚してしまった恋人に傷を受け、自分の運命に怒り、挫折し、あきらめる……。ある日彼は、一人の女性に出会った。夫も子どももいる賢母良妻な女性が恋に落ちた。その女を利用し、友人と賭けをする彼。ドロドロした家族愛、死が迫った父親と、父親より先に死を迎える息子の息の詰まるような最後の日々、嫁たちの権力争い、嫁姑関係、叶わなかった初恋の相手との再会。。。

【そらの感想】
「不倫だけど純愛」そんな言葉が当てはまるドラマだったと思う。

『ごめん、愛してる』に続き大泣きしたドラマ。(特に最終回は号泣。)
とにかくオム・ジョンファ、キム・ナムジン、シン・ソンウこの3人の演技と音楽が本当に素晴らしかった

夫一筋だったヨムシム(オム・ジョンファ)がジョンウ(キム・ナムジン)と出会い彼に段々心惹かれいく。
それを世間では「不倫」というのかもしれないけど、このドラマでの2人を見ていると不倫じゃなくて純愛に見えてしまうんだよね。

そしてジョンウ、自分が余命幾許もないことをお医者さまから告げられて、ヨムシムの元から去ろうとするんだけど、その時すでに彼にとってもヨムシムはかけがえのない存在になっていて。。。

そしてヨムシムの夫、ジファン(シン・ソンウ)。
妻には全く無関心だった彼がヨムシムが自分の元を去って行くとき、初めてヨムシムを本当に心の底から愛していたことに気付くんだよね。
(時既に遅しなんだけど・・・・)

この辺の三角関係が本当に上手く描かれていたなぁと思う。
その中でも特にキム・ナムジンくん。お医者さまから宣告されてからの後半の演技は素晴らしくて、ヨムシムの元で静かに息を引き取る演技には号泣してしまいました。。。

ホント、このドラマお薦めです!
ぜひ、冬に見ることをお薦めします。

『12月の熱帯夜』公式サイト
© *韓ドラ日和*. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG